数字が教えてくれた病気

数字が教えてくれた病気

周波数/波動 運命学

先日、ある方から、
「この前、腸に注意っておっしゃってましたよね、母が腸閉塞になりました。
その前には、つまづいて手首を骨折したんです」
と、連絡をいただきました。

 

そうそう、年の初めに、
その方とお母様の運気を数霊で鑑定をさせていただいた時、
「お母様、今年お腹(腸)と骨、注意してくださいね。お食事内容や食べ方も。
骨は今年じゃなくても常に気をつけてください、転ばないようにね」
とお伝えしました。
「腸?今まで何にもないですけど?便秘もないし、腸、ですかぁ...」
って、ちょっぴり怪訝そうでした。

 

なるべく小難に済むような秘訣を提案させていただき、
できる範囲で実践されてたようで、手術には至らなかったようです。
実は、もっと前に、この方のお母様は
夜中にトイレに行った際にめまいで倒れ、倒れた際に腰骨を骨折され、
以来、寝たきりになっておられたそうなんです。

 

多少骨は弱めではあるけれど、大きな病気などされた事もなく、
元気にお過ごしだったそうですが、厄難続きの晩年。。。
腰骨骨折以来、自由に動けなくなり、生きる気力を失い、
ご依頼者さまも介護で大変だったそうですが、
幸いにも、周囲の方々もびっくりするくらいの経過で状態が良くなり、
多少足を引きずるも、自力で歩行できるよう今で快復されたそうです。

 

数字が、体の弱点や、イベントの起きやすい年(歳)などを教えてくれています。
厄難の数字があれば開運数字で中和したり、消したりもできます。
そして、知ってても知らなくても、信じても信じなくても、
数字の周波数通りに人生が運ばれていきます。。。
知ってたら、未来を予知できていたら、
気を付けれることもありますよね、ショックも少ないですよね♪

 

この記事の内容は、ご依頼者さまから頂きましたメッセージを
ご依頼者さまに許可をいただいた上でシェアさせていただいております。

太占数霊ページはこちら

 

 



« »

コメントは受け付けていません。